仕事の日。といっても、あなたがこの社会で持っている仕事のことではなく、もっと幅広い意味での仕事です。ある人にとっては畑に行く日だったり、カメラのファインダーをのぞく日だったりするでしょう。別の人には読書や、執筆作業かもしれない。ともかくあなたにとっての仕事に、全面的にかかわる日なのです。幸せな感じがあるなら、それです。

『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より