仕事に追われ、組織に組みこまれていく人生――冒険心など、幼い頃の夢。どこか遠くに置き忘れてきてしまった。メガネの奥の目を細めながら、そんな郷愁にひたっていても仕方ありません。忘れているだけなら、思い出せばいい。それがあった時代にタイムトリップして持ってくればいいわけで、今月のあなたは、その選択を迫られる!
『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より